仮想通貨の取引所と販売所の違い

MENU

仮想通貨の取引所と販売所の違いって何?

仮想通貨の取引所と販売所の違いって何?

 

仮想通貨の取引所と販売所の違いは、安く購入できるユーザー間でのやり取りか、素早く購入できる販売元とユーザーとのやり取りかの違いです。

 

取引所では文字通り、ユーザーとユーザーが仮想通貨を取引しています。
ユーザーが仮想通貨の値段を決めて、買い注文や売り注文を出して取引しています。

 

買い注文や売り注文の値段を自分で指定する注文方法である指値注文と、値段を指定しない成行注文の2種類があります。
取引所では自分で値段を指定して注文を出せる指値注文があるので、予定よりも高く売れたり、安く購入できたりします。

 

その一方、販売所では指値注文はできません。
販売所が指定する値段に従って購入します。

 

販売所よりも高く購入してしまったり、安く売ってしまったりするので、一見メリットがなさそうに見えますが、面倒な取引をする必要がなく、初心者でも数クリックで素早く仮想通貨を入手することができます。

 

注文が成立するまでに時間がかからず、手軽に仮想通貨が入手できる一方で、販売所では高い手数料がかかってしまいます。

 

よって仮想通貨を安く購入したいなら販売所ではなく、取引所で指値注文する方法が良いでしょう。
ただし、販売所よりは安いものの、取引所でも手数料はかかるので、取引所ごとの手数料の割合をよく調べてから購入することをおすすめします。

 

また、一部の取引所では取り扱い銘柄が少なかったり、ほとんどなかったりするので、取り扱い銘柄にも気をつけましょう。