日本仮想通貨事業者協会(JCBA)

MENU

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)とは

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)とは

 

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)とは、仮想通貨ビジネスをはじめるにあたって、技術面や会計、レギュレーション、商慣行などの様々な面から意見交換を行い、業界の健全な発展を目指すために設立された機関です。

 

役員は、会長である株式会社マネーパートナーズの代表取締役の奥山氏を筆頭に、ビットバンク株式会社、QUOINE株式会社などの仮想通貨のエキスパートたちで構成されています。

 

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)の目指すものは、資金決済の法律に規定されている、仮想通貨交換業者が行う仮想通貨交換業の適正な実施を確保し、仮想通貨交換業の健全な発展と、仮想通貨交換業の利用者の保護、またその目的に資するための事業です。

 

会員は、正会員、準会員、協力会員の3種類があります。正会員は、仮想通貨交換業者です。
ただし、平成30年6月30日までの期間において正会員については、仮想通貨交換業者のほか、資金決済法第63条の3に規定されている登録の申請を行う予定もしくは申請を行った者を含むもの、となっています。

 

準会員は、資金決済法第63条の3に規定されている登録の申請を行う予定の業者、金融庁所管の金融機関等で正会員に該当しない業者、仮想通貨交換業以外の仮想通貨ビジネスに携わる業者がこれに当たります。

 

協力会員は、それ以外の協会の趣旨に賛同し入会した法人又は個人となります。
JCBAでは、仮想通貨業界の発展を目的として、様々な見識者を招いて、月に1回勉強会を開催しています。

 

 

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)