仮想通貨の税金対策

MENU

仮想通貨の税金対策のまとめ

仮想通貨の税金対策のまとめ

 

仮想通貨の税金対策として有効なものは二つあります。
まず、現金化などを行わずにずっと保有し続ける方法です。

 

仮想通貨の税金の問題点は、現金の対価となるものに変換しただけで税金が発生する可能性が存在することです。
例えば、税金対策としてショッピングをして商品に買えようと考える人もいますが、そもそも対価となるものを買った時点で納税の義務が生じるようになっていますので、この方法は有効ではありません。

 

同じ理由で、別の電子マネーに変換する方法も通用しないので注意をする必要があります。
一番有効なのは、税金を納めて金銭的な問題が生じない程度に相場が高騰するまで保有し続けることです。

 

現金の対価となるものに交換しない限りは税金を納める義務は存在しませんので、数億円という金額になったとしても手元にそれを置いておかない限りは問題ありません。

 

仮想通貨として保有し続ける限りは納税の義務はありませんので、この対策が有効です。
もう一つの方法が、海外で現金化することです。

 

口座を開設してその口座にお金を入れる際に、海外の取引所などを利用しておくことは有効です。
海外の取引所で開設して海外の口座からおろせば日本国内で現金化しなくても済みますので国内の納税の義務はありません。

 

海外には仮想通貨に関する法整備が追い付いていないところもありますので、そう言った地域を利用すれば文字通り合法的に現金だけをおろすことができる可能性があります。