仮想通貨の節税方法

MENU

仮想通貨の節税方法のまとめ

仮想通貨の節税方法のまとめ

 

仮想通貨の節税方法として簡単なのが、ふるさと納税を利用した方法です。
そもそも、仮想通貨というのは年末までに確定した利益が存在していた場合にはその利益に対して必ず税金がかかってしまいます。

 

そのため、12月31日までに取引を確定させて取引所などの口座に金銭が存在する場合には、翌年の確定申告で税金を納めなくてはいけません。

 

これを回避するためには、一度納税をしておいて後から確定申告をすることで還付金という名目でお金を返してもらう方法がわかりやすいと言えます。

 

還付金でお金を返してもらう場合には、確定申告は必ず行っていることになりますので安心です。
この点、ふるさと納税というのは限度額は存在するものの納めた金額を確定申告を行うことで返還してもらうことが可能な税金のことを意味します。

 

ふるさと納税は、納税した地域の特産品などをお礼としてもらえる便利なものですが、それに加えてかなりのお金を返還してもらえますので、実質的な損がほとんど存在しないというメリットがあります。

 

寄付した分のほとんどの金額が免税されますので、非常に使いやすいわけです。
節税を考慮するのならば、物品を貰うことができるものではなく金券などの現金の対価として貰うことができるものがおすすめです。

 

金券の場合は還元率が50%と高いところが多く、汎用性が非常に高いのも特徴です。
仮想通貨の節税対策としては日本国内で実施できるので最もわかりやすい方法だといえます。