MENU

日本で買える仮想通貨の種類は何ですか!?

日本で購入する事のできる仮想通貨の種類はビットコイン以外にも取扱をしている物が多くあります。

 

代表的な物では、リップルやモナコインなどがあり、日本国内で購入する事のできる仮想通貨の種類は20種類以上はあるので、どの仮想通貨に投資をするのか選ぶことが大切です。

 

全ての仮想通貨には特徴があるので、人気も違いますし、将来性も異なります。
人気が高い仮想通貨を選ぶほど、投資をした分返ってくる金額が多くなるので、お得になります。

 

日本国内では取扱をしている種類が今は20種類以上ですが、金融庁が許可を出している仮想通貨はホワイトリストとして登録されており、どこの販売所や取引所でも上場させる事ができる様になってきているので、これからも増え続けて行くはずです。

 

ビットコインを始めとする仮想通貨は海外ではかなりの数があり、日本以上に取引をされていますが、実際に金額にしてみるとビットコインなどを購入しているのは、日本人が多いので、海外から日本に向けて取引が活発になる事が予想されており、今後の種類が増えていくことにも期待を持つ事ができるのです。

 

海外に比べると日本の方が法整備も整ってきており、これからの発展にも期待を持つ事が可能になっています。
多くの企業が参入を表明しているので、多くの販売所や取引所が出来ると今の20種類以上で収まる事はなく、欲しい人が増えていくほどに今まで以上に多く増え続けていくことになるでしょう。



日本で購入できる仮想通貨の種類とわかりやすい特徴 | 【カソウラボ】記事一覧

Bitcoin(ビットコイン)のわかりやすい特徴は

Bitcoin(ビットコイン)の特徴ですが、やはり仮想通貨として最も有名であり、かつ歴史もあるということが挙げられるでしょう。もちろん歴史とは言っても仮想通貨はまだまだ新しい存在ではありますが、その中では古くからあるということです。仮想通貨は現実の通貨とは異なり、国や政府機関による価値の保証が全くありませんから、その意味では有名であること、多くの人に知られていることは非常に重要です。中身が問題であ...

Ethereum(イーサリアム)のわかりやすい特徴は

Ethereum(イーサリアム)はビットコインのような仮想通貨の一つであり、現在のところその価値総額はビットコインに続く第2位となっています。このイーサリアムにはビットコインにはない特徴があります。ビットコインでは、行われた全ての取引がインターネット上に記録されていきます。これは仮想通貨の大きな特徴でありイーサリアムにも当てはまることですが、イーサリアムでは既に行われた取引のみならず、今後行うと約...

Bitcoin Cashは、ネット上で誰でも簡単にお金の入出金ができる仮想通貨システムとして絶大な注目度を集めています。ビットコインキャッシュの最大の特徴は、決済までのスピードが非常に速くセキュリティシステムがしっかりと徹底的に強化されている点が挙げられます。1ブロックのサイズが8MBでリプレイアタックなどの攻撃に強い点も、魅力となっています。さらに、ビットコインキャッシュはそのルールもわかりやす...

Ripple(リップル)は今話題の仮想通貨の一つでリップル社という会社が発行している仮想通貨で通貨単位はXRPであらわされます。2017年現在、仮想通貨は800種類以上ありますがその中で時価総額が1兆円で3位というメジャーな会社です。Rippleの特徴は送金は4秒で完了することが出来るということ。毎秒1000件もの取引を処理できるということです。そして取引コストの安さも上げられます。Rippleは...

NEM(ネム)の特徴は取引の処理がスピーディーであることです。仮想通貨はブロックと呼ばれる台帳の生成スピードが早いほど取引の処理が速くなります。ビットコインのブロック生成が10分に1度なのに対して、ネムは1分に1度と、処理がとても短時間です。またネムは将来的にカタパルトの実装が予定されており、実装されると、さらに処理速度が上昇します。ネムの特徴はスピードだけではありません。誰でも条件を満たせばハー...

ライトコイン(Litecoin)とはビットコインから派生した仮想通貨の一つで、2011年の10月に誕生しました。日本ではまだまだ馴染みの薄いライトコインですがアメリカでは人気度も高く、利用者の多い仮想通貨で、利用者の用途に応じて使い分けられているものの一つでもあります。多数ある仮想通貨の中でライトコインの最大の特徴としては、派生元のビットコインよりもブロックの生成時間が短めで、なおかつ総発行枚数の...

DASH(ダッシュ)の特徴は、匿名性の高さと取引の速さにあります。DASHでは、ダークセンドと呼ばれる形式を使用しており、これが匿名性の高さを担保しています。ダークセンドによりDASHが誰に送られたものなのか、誰が送ったものなのかがまったくわからなくなります。また、DASHではインスタントセンドという機能により取引スピードが速くなります。ビットコインでは送金に数十分時間がかかったとしても、DASH...

最近、仮想通貨での副業ビジネスが流行を見せています。仮想通貨の世界で急成長を見せてるコインがあります。比較的新しいMonero(モネロ)です。特徴としては、安全性が高いコインで、所有者の匿名を維持してくれます。さらに、取引を追跡不可能にする技術を使用しています。所有者のプライバシーを守ったまま取引されます。匿名のまま取引したい方にとっては、理想の通貨だともいえます。最もプライバシーと安全性が高い仮...

仮想通貨(暗号通貨)のEther Classic(イーサリアムクラシック)は2016年7月に公開されました。現在では数ある仮想通貨の中でも時価総額がトップ10に入る人気通貨です。既存のイーサリアムから分裂・派生したもので、大量のイーサリアムがハッキング被害に遭った事件を機に、イーサリアムのセキュリティに関する技術者の考え方が2分しました。これがきっかけで誕生したイーサリアムは、拡張性を制限すること...

Lisk(リスク)のことを詳しく知りたいという人も多いでしょう。リスクも仮想通貨の1つであることには間違いないのですが、名前の由来は分散型アプリケーションプラットフォームというシステムの名前であり、そのプラットフォームの中でやり取りすることができる通貨の名称をLiskと言います。Liskの特徴はプラットフォームを世界中の人が利用することが期待できれば価値が上がっていくことになるため、システムの向上...

仮想通貨が世界中で注目されている現在、ユーザーの個人情報が送金などの時に利用するアドレスと紐付いてしまうと、所有している通貨の残高やいくらの送金を行ったのかということが第三者に分かられてしまいます。そのようなことを徹底的に防いでいるのが、Zcash(ジーキャッシュ)です。大きな特徴として、閲覧キーの存在があります。送金などの処理を行った情報は、閲覧キーを持つ利用者しかその内容を見ることが出来ません...

MONAcoin(モナコイン)のわかりやすい特徴は、特定の管理者がいない事と、暗号通貨の中では比較的に歴史が長い点です。有名な掲示板でその存在が広がり、そのサイトで知ったユーザーが増えています。みんなでこの暗号通貨を広めようとする考えのユーザーが多く、おだやかな対応をしているのがわかりやすいモナコインの特徴です。最初は小さなコミュニティの中で使用されていましたが、最近では利用者が増えています。MO...

ファクトム(Factom)はいわゆる仮想通貨の一つです。アメリカで開発され、その中でもブロックチェーンを用いており、データの改ざんや不正ができないようになっております。データ管理プラットフォームでありブロックチェーン上に、データの記録や証明を管理し、厳密に機密保持し管理されるので、仮想通貨の中でも第三者からの証明が必要とされないことが特徴です。ファクトムは改ざんできないブロックチェーン技術を使って...

近年、副業でのビジネスが流行りを見せています。その中でもCOMSA(コムサ)が注目されてます。特徴としては、メールアドレスだけで登録できたりします。簡単に登録できて誰でも取引を始められるのは魅力の一つです。コムサの名称としては、日本発のIОCの略です。プラットフォームは場所を意味する言葉なので、取引をする場の意味があります。また、企業経済との架け橋となることを目的としています。企業と通貨利用者をつ...