【ハードウォレットLedger Nano S(レジャーナノエス)】とは

MENU

仮想通貨管理に最適な【ハードウォレットLedger Nano S(レジャーナノエス)】とは

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

仮想通貨は短期トレードなら取引所に置いたままでもいいですが、長期で保管をするならハードウェアウォレットが推奨されます。さまざまな種類のハードウェアウォレットがありますが、特におすすめなのは「Ledger Nano S」です。

 

日本語では「レジャーナノエス」と読みます。完全にインターネットから隔離された環境で仮想通貨を保管するのでオンライン攻撃の可能性がとても低いです。

 

オフライン環境ではインターネットを通した攻撃には強いですが、物理的な攻撃には弱いことがデメリットです。盗難や紛失については注意をしなければなりません。

 

「Ledger Nano S」ではオフライン環境で秘密鍵を保管できるだけでなく、PINコードを入力しなければ秘密鍵を取り出せないようになっています。暗号化されているのでPINコードを知らない人に中を見られる心配はありません。

 

「Ledger Nano S」は対応仮想通貨の種類が多いこともメリットです。ビットコイン、ライトコインなどをはじめとして全部で27種類の仮想通貨に対応しています。

 

取引所の口座は1つのウォレットで仮想通貨を一括管理していることもあるそうです。大元のキーが流出してしまうとすべて盗まれてしまう可能性があるということです。長期で保管をするなら「Ledger Nano S」を利用しましょう。

 

暗号通貨ハードウェアウォレット